Ef41d5914562eec8ac2f4c064559d3ce
たよたひママのひとり言

シュトーレンとパネトーネ

2015/12/03 14:49 お菓子

今年も最後の月を迎えてしまいました。

お店に行けばクリスマスムードでいっぱいですね。


先日はお店でシュトーレンを見つけたので買ってきました。

今まで聞いたことあったけど、買って食べるのは初めて。

オレンジピールとラムレーズンの味がきいていて、ずっしり重くて噛みごたえのあるパン、て感じ。

私好みの味と食感。


ドイツの伝統的なクリスマスケーキ。

楕円形の形は幼子イエスを包んだ「おくるみ」、ゆりかごで眠るイエスをイメージした、とも言われているとか。

ドイツではクリスマスイブの約4週間前から、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間にあたり、その間少しづつスライスしながら食べていくそうです。



そして、今日はパネトーネを買ってきました。

これも買って食べるのは初めて。

シュトーレンと同じようにオレンジピールと干しブドウの味がきいていて、ケーキと言うよりドーム型をしたソフトなパンでした。

これも私好み。


イタリアの伝統的なクリスマスケーキだそうです。

イタリアではクリスマスには絶対欠かせない、この時期にしか食べられないお菓子、という意識が強いそうです。


この二つとも、小麦粉に対してバターが何パーセント以上、ドライフルーツが何パーセント以上と規定が法律で定められている伝統的なレシピに基づいて作られているとか。



「ブッシュ・ド・ノエル」はフランスのクリスマスケーキだったのですね。

これなら、私も作ったことあるわ~~

今年も作ろうかな・・・・



それにしても、シュトーレンとパネトーネを娘と息子に見せても、全然関心を示してくれなかったのが残念。


息子は干しブドウとオレンジピールが苦手。

長女には「お母さん一人で食べてね。」と言われてしまいました。



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください